上限金額と査定金額の違いとは?

バイク買取業者を利用すると、上限金額といった言葉を聞くことがあります。

一方で査定員に査定してもらうと、査定金額といったものを提示されます。

いずれも同じバイクに対する買取業者による価格付けなのですが、これら二つの言葉には大きな違いがあります。


バイク買取業者が言う上限金額とは、任意の車種に対してその業者が買い取りを行う際の基準となる金額のことを言います。

バイクの車種や年式によってこの上限金額はすでに決められており、電話やインターネットなどで問い合わせると、まず最初に返されるのがこの数字となります。

買い取りを依頼する車体に不具合などがない場合にのみ、この上限金額が当てはめられます。

多くの場合はキズや劣化などを指摘され、上限金額から安い査定となります。


査定金額とは、実際のバイクの状態を勘案した上で価値を再評価した金額のことを言います。

元は同じ車種とはいえ、ユーザーによる扱い方などによってバイクの状態はそれぞれ異なります。

例えば走行距離が多かったり、転倒や事故によって傷が多い場合には査定も低くなります。

そうしたマイナス評価をした上で実際に買取金額として提示されるのが、査定金額なのです。


そのため、上限金額に比べて何割か下げられたものが査定金額ということになります。



前の記事