自分名義ではないバイクも買い取ってもらえるの?

一般に売却できるバイクというものは、その名義が自分のものである必要があります。

しかし親戚や友人が所有する自分名義ではないバイクについても、一定の条件を満たすことで売却することができます。


この際に必要になるのが、各種の書類です。

まず、売りたいバイクの名義人となっている人物の、身分証明書のコピーが必要になります。

一般的に使用される運転免許証や保険証、パスポートなどが身分証明書として有効です。

詳しくはバイク買取業者にて確認してください。


バイクを始めとする自動車の所有者が変わる際には、その旨を証明するために譲渡証明書という書類も必要になります。

これはバイクが誰から誰へ譲渡されたのか、またその譲渡はいつ行われたのかを証明する効力を持つ書類です。

陸運局のホームページからフォーマットをダウンロードできるので、解説に従って記入した上で提出します。


バイクを売却する権限が、他人に委任されていることも証明しないといけません。

そのために必要となるのが、委任状と呼ばれる書類です。

委任状はバイク買取業者によってそのフォーマットが異ります。

こちらも業者に問い合わせた上で、作成する必要があります。


このように自分名義でないバイクを売却するには多くの書類を提出する必要があるので、よく確認した上で売却の手続きを進めるようにしてください。



前の記事