バイクの査定方法・査定基準とは?

処分したいバイクを買取業者へ持って行くと、買取価格を決めるために持ち込まれたバイクを査定する作業が行われます。


この際の査定の方法や基準としては業者によっていくつか用意されており、おおまかに言えば自動車の中古車査定と同じような作業が行われています。

例えばバイクの車種は一般的に重視されます。

人気のある車種であれば売れやすいため高く買い取ってもらえますし、そうでない車種は安く査定されてしまいます。

同じ車種であっても、年式が古い場合には安く査定されます。

バイクの価値は常に移り変わるため、乗らないと思ったなら早めに買取をお願いした方がいい理由はここにあるのです。


中古車査定で重視される走行距離についても、バイクでも同じように確認されます。

あまり乗っていないバイクであれば、各部の傷みも少ないだろうと判断されて高い査定価格が期待できるのです。


バイクの買取価格を左右するものに、バイクの状態といったものもあります。

新車でほとんど乗られていないバイクであれば、キズなども少なく高く買い取ってくれます。

しかし転倒や接触によるキズが目立つ場合や、足回りや駆動系に不具合が確認される車種はどうしても安く買い取られることになります。


これらの項目について買取業者の視点から査定を行い、マイナスポイントが多いほど査定価格は下がっていきます。



前の記事