バイクの下取りと買取の違いとは?

乗らなくなったバイクを業者に依頼して処分してもらう場合、買取と下取りといった二つの方法が考えられます。

どちらもバイクを渡して現金化するといった点では同じなのですが、同じように見えてそれぞれ違うので吟味した上で選択するようにします。


バイクの下取りとは、次に乗る新しいバイクを購入するバイク店にて選べる方法です。

新しいバイクを購入するという前提のもと、その購入費用に充てる目的でバイク店が古いバイクを買い取ってくれるというものです。

下取りしてもらうバイクの売却代金は、新しいバイクの購入費用から差し引かれます。

結果として、新しいバイクを安く手に入れることができるようになります。

次に乗りたい新しいバイクの車種がすでに決まっている場合などは、この下取りを利用すると便利です。


一方でバイクの買取とは、買取を専門に行なっている業者に持ち込んで査定してもらうといった方法です。

バイク買取業者では持ち込まれたバイクの車種や状態を査定した上で、買取金額を提示します。

それに納得出来る場合には、その金額にて買い取ってもらうことを承知します。

結果として売却代金を手に入れることができるので、それを新しいバイクの購入費用に充ててもいいですし、何か全く別のものを購入する目的で使うこともできます。

もうバイクに乗ることはない、または急にお金が必要なのでバイクを処分したいといった時に活用したい方法です。



前の記事